未成年はクレジットカードを作れるのかを徹底解説したサイトです?


amazonなどのネット通販、海外旅行時の支払い、オンラインゲームの決済など、クレジットカードはもはや現代の必須のアイテムです。是非持っておきたいですよね?あなたが未成年の場合でも以下の条件を満たしていれば未成年でもクレカを持つ事は可能です。

 

☆未成年であるが学生である(18歳以上なら無収入でもOK)
または、
☆未成年であるが収入がある(正規雇用、派遣、アルバイトなど)

 

無収入の学生の場合は親の承諾が必要となりますが、そこだけクリア出来ればクレカの審査に通る可能性は十分にあります。ただし、全てのクレジットカード会社が未成年OKなわけではないので注意して下さい。

 

当サイトでは未成年の方も大歓迎のクレジットカードの中から、特に人気の高いものを紹介しています。学生限定のお得なキャンペーンなどを行っているカードもあるので是非検討してみてください!

 

 


三井住友VISAデビュープラスカード

18歳〜25歳の方限定のお得カード!
信頼の三井住友VISAカード!
ポイントもどんどん貯まります!


 


楽天カード

ショッピングでポイントも楽天ポイントが貯まる!
5000円分以上の楽天ポイントが貰えるチャンス!
年会費無料!使いやすい定番クレジットカード!


 


REXカード

カカクコムの提供するクレジットカード!
ネットショッピングでポイントをたくさん貯めたいなら!
入会後の利用でキャッシュバックも!


 


三井住友VISAクラシックカード(学生)

在学中から卒業後までずっとメインで使えるカードです!
ステータスで選ぶならやっぱり三井住友VISAカード!
海外旅行保険なども充実しています!学生ならマスト!?


 


ライフカード

学生には嬉しい特典満載!
入会後から1年間ポイント1.5倍!
トータルに使いやすいカードです!


 

未成年でも持てるクレジットカード

 

未成年の方でもクレジットカードを持ちたいと思っている人は多いと思います。クレジットカードを持つことができるのは社会人になってからというイメージがあるかもしれませんが、未成年の方でもクレジットカードを作成することは可能です。

 

基本的にクレジットカードというのは高校生を除く18歳以上なら誰でも作ることができるとされています。あとは審査に通ることができるかという問題だけなのですが、未成年者の場合、審査対象が本人ではなく親権者が対象となることがほとんどです。ですので、未成年のうちは親権者の同意や確認などが必要不可欠となります。

 

未成年のうちはどうしても収入が不安定であることが多いため、支払いなどに滞りが出た場合は親権者が代わりに支払うといった仕組みを採用しています。

 

ですので、未成年の方がクレジットカードを作成する場合は、親権者の方に同意を得た上で申し込みを行う必要があります。

 

未成年にも学生の方、フリーターをしている方、社会人として働いている方など様々な生活を送っていると思います。いずれの場合にしても、未成年である以上は親権者との相談が必要不可欠となります。また、申し込みを行った本人の収入なども審査の中に含まれていますので、ある程度定期的な収入があったほうがクレジットカードを作成する際に有利に働くと考えられています。

 

学生向けのクレジットカードであれば、そこまで審査内容が厳しいものは少なく、早いうちからクレジットカードを作ってクレジットヒストリーを築き上げておくことによって、社会人として働き始めたときに有利になることもあります。

 

学生向けのクレジットカードだけでなく、未成年の方が持つことができるクレジットカードは利用限度額などが少ない傾向にありますが、こちらもクレジットヒストリーを積み重ねていくことによって引き上げられていくので、早めにクレジットカードを作成しておくのは良い方法だと言えるでしょう。

未成年のクレジットカードの審査基準とは

 

未成年でもクレジットカードを作成することができますが、その審査基準はどのようなものになってくるのでしょうか。

 

まず始めに問われるのが、親権者の経済状況などになります。未成年のクレジットカードで支払いが滞ってしまった場合は、親権者に支払いが行くようになっているため、当然親権者に返済能力が無いと判断された場合は審査をパスすることができません。

 

ですので、未成年本人の審査というよりは、どちらかというと親権者の審査の方が重視されている傾向にあるようです。未成年のクレジットカードの審査基準はその他にもたくさんのものがあります。

 

収入で大きく変わる未成年の審査基準

 

まず、未成年者本人がどの程度の収入を得ているのかということです。当然のことですが、収入が大きく、さらに安定していればより審査基準が甘くなっていくと考えて間違いありません。

 

万が一支払いに滞ってしまった場合は親権者に支払いが行くようにはなっているのですが、本人が支払うことができれば一番丸く収まるというのはいうまでもありません。ですので、例え社会人でなく、フリーターなどであったとしてもある程度のまとまった収入があったほうが有利に進むでしょう。

 

未成年のクレジットカードの審査基準は、主にこれらの点などが挙げられるのですが、その他にも覚えておきたいポイントとして、利用限度額がかなり少なめに設定されているという点があります。

 

返済能力がそこまで高くないと判断されていれば、一度にたくさんの金額を利用することはできないと判断されるため、一般的なクレジットカードと比べると未成年のクレジットカードは利用限度額がかなり少ないです。こちらはクレジットヒストリーを重ねていけば徐々に上がっていきます。

 

 

知っておきたいクレジットカードの仕組み

 

もはや現代人にとってなくてはならないものとなったクレジットカード。

 

そのクレジットカードの仕組みとはどのようなものになっているのでしょうか。クレジットカードを出して商品を買うということはつまり「後払い」で買うということに他なりません。

 

レジでクレジットカードを出すと、加盟店側でレジを通すとその情報がカード会社に送られ、その時点ではカード会社が「立て替え」を行っているのです。

 

クレジットカード会社が立て替えた分のお金を利用者が後日、カード会社に支払うといった形式となります。カードを使って買った商品の取引情報は加盟店管理業務会社・処理センターを通してカード会社に送られます。

 

そのデータをもとに請求を利用者側に求めるといった形になります。

 

クレジットカードカード利用において重要な「信用」

 

クレジットカードカードを作るさいに信用が必要な理由がお分かりでしょう。カード会社は利用者の商品購入代金を「立て替える」ため、与信審査をきっちり行い、後日、お金を請求しても支払える能力のある人にしかカードを発行しないのは至極当然のことです。

 

もし、利用者がカードの利用額を踏み倒したらどうなるでしょうか。その場合、クレジットカード会社が利用者に代わって代金を加盟店に支払うため、加盟店側に損は発生しません。クレジットカードは利用者の肩代わりをするというわけです。

 

この背景には「信用」が大きなポイントを占めています。信頼出来る利用者であれば、クレジットカードの限度額はどんどん高くなっていくこともあります。高額の買い物をするにはそれだけの信用が求められます。

 

クレジットカードの利用金額の決定方法ですが、これは年収に左右されます。年収が高ければ高いほど高めに設定されますし、低ければ低いほど利用金額は低くなります。

 

年収が低い人がカードで何度も高額の商品を買った場合、返済計画に支障が出る危険性があるため、利用限度額は最初から低く設定されています。

 

与信審査について

 

与信審査というのは、クレジットカードを作るときに必ず行われる調査です。勤務先や年収、住居、資産等の調査が行われ、カードを保有しようとする人に返済能力があるかどうかが審査されます。

 

この調査結果でカードの限度額が決まりますが、この調査でカード会社が設定した基準に達しない場合は審査落ちとなり、カードは発行されないということになります。

 

その理由としては、カード会社の立場に立って考えてみると、カード決済のときにカード会社が利用者の商品購入額を立て替えて一時的に払っているため、その後の請求をしっかりと返済できるだけの能力がないとカード会社にとっても非常に不安要素になりますし、ましてやキャッシングで現金を貸すなどといったことはできません。

 

与信審査では、過去の支払状況、現時点での借入金額等も見られます。他にカードを所持している場合、そのカードの返済が遅れていたり、総量規制によりキャッシング枠が年収の3分の1までしかお金を貸せないのに、その枠が3分の1を超えていたりする場合があったりします。

 

そうなると与信審査に通らなくなる可能性が高くなります。

 

クレジットカードの記録情報について

 

クレジットカードは磁気テープと呼ばれる黒いテープがカードに貼られています。これで会員番号や口座番号を記録しており、お店でカードを出したとき、このカードをリーダーに通すことで店舗側は利用者の情報を見ることができます。

 

それを金融機関に照会して決済したり、現金を引き出すことができるようになっています。

 

近年、問題になっているカード犯罪に「スキミング」と呼ばれているものがあります。このスキミングとは、カードに記録されている情報を不正な方法で読み取り、カードそのものを偽造したり、利用者の知らないところで高額の買い物をしたり、多額の現金を引き出したりします。

 

中にはATM内部に読み取り装置を仕掛けるといった大掛かりな組織犯罪の手口もありますが、カード会社側もスキミング防止のために様々な手立てを講じており、大きな犯罪にまでなる可能性はほとんどないようです。

 

しかし、個人レベルでも警戒が必要な犯罪であることは間違いないので、毎月のカード明細をしっかりと確認して、買った覚えのない商品や引き出した覚えのない現金明細が会ったらカード会社にすぐ連絡しましょう。

 

こういった犯罪にもし巻き込まれた場合、盗難補償がついているので、本人が負担する必要はありません。

 

利用者の信用情報について

 

クレジットカードは何よりも「信用」が基本になっており、カード保有者の情報は個人信用機関で見ることができます。

 

ここで個人情報を閲覧するには本人確認書類と印鑑を用意しておけば見ることができ、郵送でも開示請求ができますので、個人情報について間違ったものがあったり、登録機関を過ぎているのに登録されているような内容があれば、削除することができます。

 

削除は先方に申し出て行ってもらます。

クレジットカード利用方法基礎の基礎

 

お店でクレジットカードを利用する場合の手続きは簡単です。

 

カードを店頭で渡し、支払いの回数を決定すれば、あとはサインをするのみです。インターネットで買い物をする際はサイン不要です。カードに記載された番号やカード名義人の氏名を入力し、支払いの回数を選択すれば手続きが済みます。

 

その後は指定の口座から自動的に引き落とされるため、後日の振り込みは不要です。振り込むための手数料もかかりません。もし高額な支払いとなる場合、基本的にはサインが必要であると思ってください。

 

サイン不要で支払いができるお店もありますが、それでも上限があります。カード会社によって仕様が異なりますが、ポイントが貯まる仕組みはカード利用の大きなメリットといえます。単に支払い手続きが楽になるだけではないのです。ポイントを利用することで各種割引や商品との交換が可能となります。

 

公共料金の支払いや普段の買い物時に提示することでもポイントが貯まるため、ポイント目的でカードを使う利用者もいます。

 

カードを使う

 

会計をする際、カードの加盟店であれば現金を支払わずして会計を済ませることができます。利用する場合は店員にカードを提示します。

 

支払い方法を決める

 

金利手数料はかかりますが、分割払いを選択することも可能です。分割不要であれば一括払いの選択となります。

 

※手数料について

 

利息がつかない支払い方法は、一括払いか2回払いです。それ以上の分割、リボルビング払い等であれば利息がつきます。

 

リボルビング払い等の支払い時は高めの利息が設定されていますのでご注意ください。一括払いにしていない場合でも、後から全額の返済を済ませてしまうことも可能です。その場合は利息も減ります。

 

暗証番号の入力

 

決済時に場合によっては暗証番号を入力する必要もあります。他人に見られないように注意してください。

 

サインする

 

暗証番号での確認が不要なお店ではサインをします。明細内容が正しいかは必ず確認してください。お店や金額によってはサインすら不要であることもあります。

 

利用控え受取

 

手続きが完了したら利用の控えが渡されます。念のためカード会社発行の利用明細を確認するまでは保管しておくようにしましょう。

親に内緒でクレジットカードを作るとどうなる?

 

未成年でもクレジットカードを持つことができますが、その際には親権者(親)の承諾を得なくてはなりません。

 

その理由としては、支払い能力がまだまだ不十分である未成年がクレジットカードを作り、支払いが滞った場合などに親が代わりに支払うシステムを導入しているからです。ですので、未成年が親に内緒でクレジットカードを作成するというのは難しい話だと判断することができます。

 

そもそもクレジットカードの申請書類を作成する際に、保護者の印が必要になってくるため、もしもこれを勝手に持ち出して親の承諾を受けていないのにクレジットカードに申請をしてしまった場合は私文書偽造に問われてしまいます。

 

ですので、勝手にクレジットカードを作成すると万が一のトラブルの時に大事になってしまう可能性が考えられるので絶対にやめるようにしましょう。

 

未成年がクレジットカードを作るには親の許可が必要

 

仮に未成年で社会人として働いているという場合でも、親の許可が必要になります。十分な収入があり、さらに安定した収入を得ていたとしても、未成年である以上は親の許可が必要になってくるため、こちらの場合も内緒でクレジットカードを作成することはできません。

 

クレジットカードを作成するときには、勤続年数や収入といった部分もかなり重視されているのですが、未成年である以上は勤続年数がどうしても短いですし、収入としてもそこまで高いものではないでしょう。ですので、きちんと親に相談した上でクレジットカードを作成していくようにしましょう。

 

それでも未成年が親に内緒でクレジットカードを作成したいという場合は、VISAカードなどを作成すると良いでしょう。こちらはクレジットカードとは異なるため、未成年でも所持することができます。

 

ただし、どちらも利用する時には十分に計画を立てて利用していかないと支払いが滞ってしまったり、クレジットヒストリーなどに問題が生じてしまう可能性があるので注意が必要となります。



年会費 発行資格 詳細
三井住友VISAカードデビュープラスカード←おすすめ!

無料 満18歳以上25歳以下 高校生は除く ※未成年の方は親権者の同意が必要 >>詳細
楽天カード

無料 楽天会員登録(無料)済みで、満18歳以上、安定した収入のある方および学生(高校生は除く) >>詳細
REXカード

初年度無料・2年目以降2,625円 原則年齢18歳以上(高校生は除く)で電話連絡可能な方※未成年の方がお申し込みの場合には親権者の方の同意が必要となります >>詳細
三井住友VISAクラシックカード(学生)

無料 高校生を除く、満18歳以上の方のみ入会可能です。未成年の方は親権者の同意が必要です >>詳細
学生専用ライフカード

無料 高校生を除く満18歳以上満25歳以下で、大学・短期大学・専門学校に現在在学中の方がお申込みいただけます。※未成年の方は、親権者の同意が必要となります >>詳細


このページの先頭へ戻る