支払いを先延ばしするクレジットカードはこうやって生まれた。

 

1950年。アメリカのある男の忘れ物から始まったクレジットカード。

 

いまや世界中で多くの方々に、大変便利に利用されているクレジットカード。現代社会になくてはならなものとも言えるこのクレジットカードの歴史については、意外なほど知られていません。

 

その誕生秘話とは。時は1950年。ある実業家がレストランの食事代を支払おうとした時に、財布を忘れてきたことに気づきました。そのピンチの折に実業家は、支払いを先延ばしにする方法としてクレジットカードのしくみを思いついたのです。

 

このエピソードがクレジットカードの発祥と言われています。そして、当の実業家の発案により1950年、世界で初めてのクレジットカード会社が設立されました。それこそが、あの「ダイナーズ」です。

 

その後、1958年にはアメリカンエクスプレスとバンク・オブ・アメリカが誕生し、1966年にはマスターカードの前身であるインターバンクカードが誕生しました。

 

それらはいずれも、現在のクレジットカードの礎を築いた会社であるとともに、時代を超えて今もなお世界各国で使用されているカードです。

 

日本におけるクレジットカードの歴史。

 

[黎明期]

 

アメリカで生まれ、アメリカを中心に発展してきたクレジットカードですが、日本での歴史はどうでしょうか?日本で初めてクレジット業務を開始したのは日本ダイナーズクラブであり、1960年のことでした。

 

日本ダイナーズクラブは、みずほ銀行の前身である富士銀行とJTBの前身である日本交通公社の共同出資で設立された会社でした。

 

その後、丸井が日本初のクレジットカードを発行し、割賦や月賦と称されていた支払いシステムをクレジットと呼ぶようになったのです。

 

[隆盛期]

 

1961年以降、日本のクレジットカード市場は大きな発展を遂げます。三菱東京UFJ銀行の前身である三和銀行や日本信販がカード会社を設立したのをはじめ、東武百貨店、小田急百貨店、松屋がそれぞれハウスカードを発行。

 

さらに、伊勢丹、松坂屋、京王百貨店、近鉄百貨店が相次いでクレジットカード業務に参入するにいたり、百貨店業界にクレジットカードが一気に広まり、浸透しました。

 

この勢いは留まることなく、1960年代半ばにおいては有力大手銀行がクレジットカードを発行するにいたり、そのムーブメントは中堅銀行や地方銀行へと急速に波及したのです。

 

[安定期]

 

そして1980年代。クレジットカードはもはや珍しいものではなくなるとともに、ちょうどその頃、銀行法が改正されました。

 

銀行におけるクレジットカード業務が付帯業務として認められるようになったこの法改正を皮切りに、銀行本体によるクレジットカードの発行が始まりました。

 

[変革期]

 

バブル経済の崩壊後、クレジットカード業界に大きな変革が訪れました。大手消費者金融のアコムがクレジットカード発行をスタート。

 

さらに、クレジットカード会社の淘汰が始まり、なかでも2001年、アイフルによる信販大手のライフ買収は、大きなニュースとなりました。また、銀行の統廃合によるメガバンクの誕生と、それにともなうカード事業の統合が進んだのもこの頃です。三井住友カードなどはその象徴のひとつでしょう。

 

そして現在。以上のような経緯をたどりながらクレジットカードは、その時代に応じてサービスや機能を充実させながら、利用者が現金を持ち歩かなくても現金の代わりとして、いつでもどこでも使える非常に便利で価値あるアイテムとして多くの方々に歓迎されています。




三井住友VISAデビュープラスカード

18歳〜25歳の方限定のお得カード!
信頼の三井住友VISAカード!
ポイントもどんどん貯まります!


 


楽天カード

ショッピングでポイントも楽天ポイントが貯まる!
5000円分以上の楽天ポイントが貰えるチャンス!
年会費無料!使いやすい定番クレジットカード!


 


三井住友VISAクラシックカード(学生)

在学中から卒業後までずっとメインで使えるカードです!
ステータスで選ぶならやっぱり三井住友VISAカード!
海外旅行保険なども充実しています!学生ならマスト!?


 


ライフカード

学生には嬉しい特典満載!
入会後から1年間ポイント1.5倍!
トータルに使いやすいカードです!




このページの先頭へ戻る