付帯する旅行保険ってどんなもの?

 

多くのクレジットカードには、国内旅行や海外旅行に関する保険が付帯されています。

 

このような機能がついていることは意外と忘れがちです。また補償される条件や範囲には、細かい規定がついているものが多くあります。

 

もしもの時にはとても役に立つ海外旅行保険について、内容や補償範囲について少し知っておきましょう。

 

国内旅行の保険範囲

 

まずは、国内旅行についてです。国内旅行保険は、別に国内旅行傷害保険とも言います。その名前の通り、日本国内を旅行中に事故にあってしまった時に適用される傷害保険です。

 

観光や出張などで国内の移動が多い人には、とても役に立つ保険だと言って良いでしょう。そのような人は、国内旅行保険が付帯されたクレジットカードを1枚は持っていたいものです。

 

保証の範囲や内容はクレジットカードによって違いますが、一般的なカードの多くは、死亡時の補償のみがついているものがほとんどです。

 

つまり死亡以外のケガや事故では、保険が適用されません。しかしクレジットカードの中には、より補償内容が充実していたり、オプションという形で補償内容を充実させることができるものもありますので、気になる人は自分が持っているクレジットカードの保険の内容をチェックしておきましょう。

 

海外旅行の保険範囲

 

次に海外旅行保険です。多くのクレジットカードには、海外旅行保険がついています。海外旅行、あるいは海外出張などで海外の国に滞在中に損害を負った場合に保険が適用されます。

 

クレジットカードに付帯している海外旅行保険の適用条件や適用範囲は、カードの発行会社や種類によって様々です。また補償される金額の上限についても、大きな違いがあります。

 

年会費無料のクレジットカードについては、一般的に海外旅行保険が付帯されていない、あるいはついていても補償範囲が限定的で金額も小さいことがほとんどです。

 

そして年会費の金額に比例して、補償内容や範囲が充実していく傾向があります。したがって旅行や出張で頻繁に海外に出かける人は、ある程度の金額の年会費を支払ってでも、ゴールドカードなどの補償内容が充実しているカードを持っていたほうが安心でしょう。

 

クレジットカードに付帯している海外旅行保険で、もっとも便利なのは、ショッピング・プロテクションと呼ばれる機能です。海外旅行に言った際には、高額なブランド物の買い物をする人も多いでしょう。

 

ショッピング・プロテクションなら、そのクレジットカードを使って買い物をした商品が、事故などで途中で壊れてしまったり、盗難にあってしまった場合に、その金額が補償されるのです。日本に比較して、ほとんどの海外の地域は治安が悪いですので、この機能があると安心できます。

 

海外滞在中に病気になった際の医療費

 

また海外に滞在中に心配になるのが、急病になった時の医療費です。健康保険が適用される日本国内と違って、海外では高額な医療費が発生します。

 

比較的簡単な手術と言える虫垂炎の手術であっても、手術代から入院費まで含めると数百万円かかると言われています。帰国まで我慢ができる病気やケガなら、まだ方法はありますが、一刻を争うような病気になってしまった場合には、躊躇している暇はありません。

 

その様な時に頼りになるのが、海外旅行保険です。カードによって違いますが、充実した補償がついているカードならば、事故などによるケガや病気のほとんどがカバーされます。しかしあくまで短期滞在者用の保険なので、90日以上の滞在には適用されないことは覚えておきましょう。

カード選びを検討する付帯サービスを見ろ!

 

クレジットカードの選び方は、みなさんそれぞれ違うのではないかと思います。

 

ポイントとしては、ブランドで選ぶ、ランクで選ぶ、配偶者と同じカードにする、会社ですすめられているものにする、などがありますが、最近では「クレジットカードに付帯しているサービスで選ぶ」人も増えてきています。

 

付帯しているサービスというのは、クレジットカード本来の機能である、「後払いで買い物ができる」ということ以外のサービスのことを言います。

 

よく知られているものに「ポイントサービス」がありますが、そのほかにも旅行用の保険もほとんどのカードについています。以前は不正使用の場合に備えての保険も希望して入るものでしたが、法律が改正されて、現在補償は必須です。

 

また、「クレジットカードをつくった初年度に限り、年会費が無料」というサービスを提供しているカードも多いです。まずは1年使ってみて、もし使い勝手が悪かったら解約してしまえば無駄になりませんよ、といったサービスになりますが、なんとゴールドカードでも提供されていることもあるサービスなので、うまく利用してみましょう。

 

永年年会費無料のクレジットカード

 

そして、中には「永年年会費無料」のクレジットカードもあります。年会費無料で、かつポイントの還元率がいい、自分にあったサービスが他にもあるということであれば、持っているだけでも得、ということになりますね。

 

ただし年会費無料のクレジットカードの場合、スタート時の支払い設定が、月々の支払い金額を低めに設定した「リボルビング払い」になっていることもあるようなので、その場合、リボ払いで金利を支払いたくない方は解除、もっと大きな金額でのリボ払いが希望の方は金額を変更する必要があります。

 

支払い方法の確認をきちんとしておけば、年会費が無料でも、年会費が必要な同ランクのカードと遜色なく使えるものも多いです。コストをかけずにとりあえず1枚クレジットカードが欲しい、というときには便利かもしれませんね。

 

ランクで大きく変わる保険の内容

 

保険の内容については、カードによって、また同じ会社のカードでもランクごとに大きく違ってきます。特に海外での保険が目的でクレジットカードを選んでいる、という方は、補償範囲や内容について、自分の希望を十分にカバーしてくれているかどうか、事前に確認するようにしましょう。

 

また、通常は会員制となっている、急な車のトラブルに対応してもらえるロード、レッカーサービスがついているカードもあります。独自のサービスが多いのは流通系カードです。

 

自社のクレジットカードで支払いをすると、現金払いのときの2倍から3倍のポイントが常時つくようなサービスや、ショッピングセンターや百貨店のパーキングが無料になったり、割引になったりするサービスもよくみかけます。

 

普段から頻繁に使う店舗がある、という方は、そこのクレジットカードをつくるのも手です。特に家族の買い物の一切を任されていることも多い主婦の方に選ばれているサービスです。




三井住友VISAデビュープラスカード

18歳〜25歳の方限定のお得カード!
信頼の三井住友VISAカード!
ポイントもどんどん貯まります!


 


楽天カード

ショッピングでポイントも楽天ポイントが貯まる!
5000円分以上の楽天ポイントが貰えるチャンス!
年会費無料!使いやすい定番クレジットカード!


 


三井住友VISAクラシックカード(学生)

在学中から卒業後までずっとメインで使えるカードです!
ステータスで選ぶならやっぱり三井住友VISAカード!
海外旅行保険なども充実しています!学生ならマスト!?


 


ライフカード

学生には嬉しい特典満載!
入会後から1年間ポイント1.5倍!
トータルに使いやすいカードです!




このページの先頭へ戻る