クレジットカードの審査に通るには、様々な基準があります

 

クレジットカードの申し込みをした後は、カード会社による審査が行われるのが一般的です。

 

ただ、今はネット上でショッピングを楽しむ方も多く、ネットの様々なサービスを使う時にでも、カードが必要な事が多いです。まだ学生の方なども、一枚は所有していたいと思う方が多いようです。

 

そうなると、学生や安定した仕事をもっていないフリーターなどは、審査に通る事は不可能なのではないかと疑問がでてきます。クレジットカード会社によって、いくつもの審査の基準があり、学生などが審査に通るかどうかは、その会社の基準次第になるでしよう。

 

特に厳しい審査もなく、すんなりと審査に通ってしまうカードも中にはありますが、そういったカードの特徴として特典などいろいろなサービスは、基本的に付いていない事が多いです。とりあえず、それでも良いという場合は、学生の方でも所有することは可能です。

 

ゴールドカードの効力

 

普通のクレジットカードとは違い、一種のステータスでもあるゴールドカードなどになると、やはり審査の面で、かなり厳しい基準が設けられています。ゴールドカードを所有するようなお客様は、会社にとっても、非常にうれしいお客様なので、当然利用限度額も高くしてくれる傾向があります。

 

このようなカードを持つ事のできる職業の方は、社会的にも地位の高いお医者さんや弁護士、上場企業に勤めているような会社員の方、不動産などの資産を持っている方々などが一般的です。

 

ゴールドカードではなく、いわゆる普通のカードの場合は、必ずしもこのような条件に当てはまる必要はなく、問題なく審査に通る事ができるでしょう。

 

カード会社から敬遠される客

 

では、カード会社から敬遠されるお客とは、どんなお客でしょうか。審査基準の厳しいゴールドカードを持つ事が出来ない人というのは、自由業やフリーター、パート勤務などの、安定した収入が見込めない人、もしくは、収入が少ない人が挙げられます。特に、決まった職業に就いていない無職の人は審査に通るかどうか、少々厳しいと思います。

 

「3C」という言葉をご存知でしょうか。これはカード会社の審査に通りやすくなる条件の呼び方です。その人をどれだけ信用できるかという基準みたいなものです。まず、資産力。安定した収入があるかどうか、そしてきちんと返済を続けていくことができるかどうかを判断するための基準です。

 

次に、借りたお金をきちんと返す意志を持っているかという事です。決められた事はきちんと守る真面目さを判断しています。最後に、資産。担保を所有しているかどうかを判断します。

 

たとえば、有価証券や不動産、貯蓄などの事を差します。カード会社は「スコアリング」とよばれる点数をつけるものを使用して、カードを申し込んだ人を評価したり、様々な判断をしていくのです。

 

スコアリングについては、たとえば居住形態スコアと言われるものでは、借家14点、アパート12点、持ち家の場合は20点・・などと点数をつけていくことで、スコアリングを行い、最後にカード会社が審査に通るかどうかを判断していくものです。




三井住友VISAデビュープラスカード

18歳〜25歳の方限定のお得カード!
信頼の三井住友VISAカード!
ポイントもどんどん貯まります!


 


楽天カード

ショッピングでポイントも楽天ポイントが貯まる!
5000円分以上の楽天ポイントが貰えるチャンス!
年会費無料!使いやすい定番クレジットカード!


 


三井住友VISAクラシックカード(学生)

在学中から卒業後までずっとメインで使えるカードです!
ステータスで選ぶならやっぱり三井住友VISAカード!
海外旅行保険なども充実しています!学生ならマスト!?


 


ライフカード

学生には嬉しい特典満載!
入会後から1年間ポイント1.5倍!
トータルに使いやすいカードです!




このページの先頭へ戻る